So-net無料ブログ作成
検索選択

靴底補修予備知識 [生活]

靴底補修

靴底の減り方で分かる歩き方の癖(底が平らな靴の場合)

理想の減り方;かかと外側と親指下周辺が減る(かかとから着地し、足のつま先に向かって体重が移動し、さいごに親指で押し出して前進する)

外側が大きく減る     ;外また歩き
内側が大きく減る        ;内また歩き
かかとの外側のみ大きく減る ;重心が後ろに偏った歩き方(親指への体重移動が出来ていなし)
中央が減る            ;足裏を引きずる歩き方(足裏の「横のアーチ」が崩れている可能性もあり)

かかとが高い靴の歩き方はかかととつま先を同時に着地し、1本の線上をつま先をやや外側に向け土ふまずで線上を踏むイメージで内くるぶしを前に見せて歩く。

こうするときれいで疲れにくく底も減りにくいそうですよ




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。